イベントを成功させるために【観客席の設置が大切】

記事一覧

使用する際の注意点

土のう袋

注意点の確認を

災害や道路工事などで力を発揮してくれるのが土嚢です。実際に見かけた人もいるはずです。災害と言えば、特に梅雨から台風シーズンにかけて、大雨などの水害が起きやすい時期です。また、最近は気象環境の変化などの影響もあり、日本各地で局地的な豪雨などが発生しやすくなっています。これらは、テレビや新聞、また、インターネットなどのニュースでも良く報じられており、その場面で土嚢袋を見かけることもあります。このように災害はいつ起こるかわかりませんので、日ごろしっかり備えておくことが大切です。この場合、次の点に注意しておきましょう。・気象情報を毎日確認する・避難経路や避難場所、及び危険な場所の確認・それら危険な場所がわかったら、必要に応じて土嚢を準備しておく・浸水してきたら、慌てないで落ち着いた対応をするなお、地下は浸水する可能性がありますので、土のうは地上に保管しておきましょう。また、保管場所が決まったら、家族全員に周知しておくことも大切です。以上の点に注意しながら、必要に応じて土のうを用意しましょう。そして土のうを使用する際は、地下の点に気をつけてください。充填後の土嚢に衝撃が加わると破袋の原因になりますので、横の方向に設置するようにしてください。また、袋に土を入れる際は、25キロを目安にしておきましょう。それ以上を入れてしまうと、袋の耐久強度を超過してしまう可能性があります。さらに、再利用は控えてください。

Copyright© 2018 イベントを成功させるために【観客席の設置が大切】 All Rights Reserved.