イベントを成功させるために【観客席の設置が大切】

記事一覧

土のう袋

使用する際の注意点

災害などの時に威力を発揮してくれるのが土嚢袋ですが、常日頃から準備しておくことが大切です。また、使い方についても注意する必要がありますので、取り扱い説明書をしっかり見ておきましょう。土嚢を購入したら、一度確認しておくといいでしょう。

建設現場

安全を確保するシート

足場シートは、建築現場や解体現場などに組まれた足場の外側に張りめぐらされるシートです。資材や用具、破片、粉塵等の落下あるいは飛散を防止する効果がありますが、表面に社名や物件の概要等をプリントすることで、広告宣伝媒体としても活用できます。

建設現場

作業用品の購入方法

引越しや各種建設作業の時に、養生シートを活用するケースが多いですが、通販サイトなどで目的に合った製品を選ぶことが重要です。滑り止め機能が充実している養生シートを選んだり、矢印などの表示が付いている製品を活用するのが、作業の安全性を高めるコツです。

硝子

イメージセンサーの色補正

デジタルカメラなどに使われるイメージセンサーは人の目よりも色の感度領域が広く、赤外線にも感度を持ちます。撮影画像を自然な色合いにするには、余分な赤外線をカットするための技術が欠かせません。青から緑の透過率が高いブルーガラスは赤外線を吸収するため、イメージセンサー搭載機器メーカーの人気を集めています。

男女

使用目的を明確に

体育館やスタジアムで使用されている観客席には、固定式と可動式があります。屋外のイベントで期間限定で観客席を使用したい場合は、仮設式となります。イベント内容に応じて観客席のカラーを選んだり、車椅子に対応したタイプを選ぶ事が可能です。

安心で快適な観覧のために

観客席

イベントの成功を握るカギ

スポーツ観戦やコンサートやライブ、各種イベントの観客席を設けたい場合、ただステージに向かってイスを並べればいいわけではありません。学校の体育館などで小規模な式典や発表会などを開催する場合はともかく、大きな会場を貸し切ったり、不特定多数を集めるイベントを開催する場合には観客席の設計から問題になります。国土交通省では観客席の標準的な建築設計基準のガイドラインを提供するなどしており、バリアフリーの観客席の設置法などを細かくアドバイスしているほどです。イベントの規模が大きくなるとともに観客数も増え、身体が不自由な方や高齢などの来場も増え、車椅子を利用される方の増加も予想されます。あらゆる層に安心かつ快適にイベントに参加してもらえるようにしたいのであれば、経験豊富な専門家に相談するのがおすすめです。イベント会社やイベント会場の設営などに強い建築会社や設計事務所などに相談し、会場の規模や来場予定数、イベントの種類などに応じた最適な観客席の設計と設営を行ってもらいましょう。設計ができれば、人材派遣会社などを通じて設営のサポートもしてもらえます。イベントの種類や来場するターゲット層に応じてイスの種類を選んだり、通路の幅なども細かく設計していく必要があります。イベントの進行や出演者の管理やイベントのリハーサルだけでなく、会場の設営そのものにも力を入れ、安全かつスムーズな観覧が実現できるように取り組みましょう。

Copyright© 2018 イベントを成功させるために【観客席の設置が大切】 All Rights Reserved.